エッチでペニスが抜けてしまう時はスローセックスと座位

座位

 

ペニスが小さい関係でエッチの際に抜けてしまう人はセックスの仕方を変えてみるのも一つの手です。

 

スローセックスとも呼ばれるゆっくり行うセックスがあります。
動作がゆっくりなので、挿入中のペニスがどれぐらい入っているか感触を確かめながら行うことができます。

 

ペニスを後どれぐらい抜いてしまうと外れるのかが分りながらセックスを行えるので、エッチの最中に抜けてしまうのを防ぐことができます。

 

早いピストン運動だと分らないですからね。

 

セックスは早く行えば気持ちが良いわけではないので、スローセックスでも快感を得ることができます。
ゆっくり行う動作によって、相手の気持ち良いポイントを的確に突くような動作もすることができ、腰の使い方も上手くなるのでピストン運動の技術も上昇させることができます。

 

女性によっては相手と抱き合っている時間が長くなるので、愛されている感じがして、スローセックスが好きだって人もいます。

 

エッチの最中にペニスが抜けてしまってセックスが上手くできない人は利用してみてはいかがでしょうか!?
今日からでも是非お試しください。

 

 

抜けずらい体位は座位

 

エッチの際に抜けずらい体位は座位となります。
他の性行為に関する動きは抜いたりさしたりのピストン運動が多いです。

 

座位なら2種類の動きがあります。
上下のピストン運動と横にグラインドさせる動きです。

 

上下のピストン運動であれば抜いたりさしたりになるので小さいペニスだと外れやすいのですが、横のグラインドさせる動きであればはずれづらいです。

 

座位は簡単に行いやすい体位になります。
はじめから座った状態で挿入するのは難しいですが、騎乗位の体制で挿入したまま体を起こせば座位の体制となるので、誰でも今日から行うことができる非常に簡単な体位です。

 

ペニスが小さくてエッチの最中に抜けてしまうのであればペニスを大きくするのも一つの手ではありますが、他にも工夫すれば上手く性行為が行うことができます。

 

ピストン運動を早く行えないや難しい体位はできないなど制限はかかりますが、工夫して性行為することは可能なのです。